2013年6月30日日曜日

6月27日より、2階企画展示室で、
西村美和 「玉虫色の寓話」を開催しています。


















西村美和は、「現実」を切り取った写真を素材として、「非現実」の物語の一場面を思わせる作品を制作しています。鮮やかな色彩にいろどられた作品は、その前後に広がる時間のつながりを連想させます。
また、今回のように複数の作品を集めた展覧会では、各作品の関連や、そのあいだに展開される物語にも想像は広がります。


先行する作品を踏まえた制作や言葉遊びも魅力のひとつです。
たとえば下の作品《17 Decembre 13h00 - Target》は、ジャスパー・ジョーンズの作品《Target》を下敷きにしています。

絵具ならぬ花を手で配置していく小人たちの姿はどこかユーモラスです。



 
 
 
なお、作品に登場する人物、小人のモデルは、すべて作家本人です。



 











0 件のコメント:

アーカイブ