2012年8月7日火曜日

柳家さん喬独演会

8月5日、第4回 軽井沢現代美術館緑蔭寄席「柳家さん喬独演会」が行われました。




今年も、ご協力いただいた皆様のご助力により、また、たくさんのお客様にご来場いただき、盛況のうちに開催することができました。皆様、大変ありがとうございました。



わたしたちスタッフも、交替で話を聴くことができました。

師匠が締めのネタに選ばれたのは、夏らしく、怪談の「死神」でした。

金もなく、なにかにつけうまくいかない主人公の前に、死神が現れ

「おまえ、医者になれ」と告げます。そして主人公に、

病人の足元に座った死神を追い払う方法を教えます。

ただし、死神が枕元にいたら手をだしちゃいけない。

その場合は病人は助からないからあきらめろ、という注意つきで…。



その方法を使ってつぎつぎに病人を治し、金を稼ぐ主人公。

しかしあるとき、謝礼をはずまれ、どうしてもと懇願され、

主人公は枕元に座った死神を追い払ってしまいます…。



死神を追い払う呪文を唱えるところ、また、

枕元に座った死神がつい居眠りをしてしまうところ、

師匠の顔や声がおかしく、思わず笑ってしまいました。



幸い皆様にもご好評いただき、

すばらしい夏の一夜となりました。

どうもありがとうございました。

0 件のコメント:

アーカイブ