2011年9月19日月曜日

奈良美智と犬の関係

奈良美智と言えば、犬が好きで、いわゆる犬派に違いない。
と美術館スタッフは、思っていました。




なぜなら、軽井沢現代美術館ではあちこちで奈良さんの犬達が
すやすやと寝息を立てているからです。
でも、もしお客様に
「奈良さんは犬がお好きなんですよね?」
と聞かれたら・・・
美術館スタッフは確証を探すべく、奈良さんのインタビュー記事の載っている本
(Lullaby Supermarket)を調べました。
結論から言うと
奈良さんは特に「犬が好きだというわけではない」そうです
「けど、犬好きだと思っている人が多いみたい」ですよね

じゃあなぜ犬なのかと言うと
「ある部分、ペットと人間は似ている。そのなかでも犬はかなり似ている・・・
猫はそうでもないけどね・そういう意味でぼくはペットを象徴として使うんだけ
ど、それには犬が最適。人間に飼われ、飼い主に依存している反面、自分の意思
もあり、十分に知性もある。
ペンギンがなにを考えているのかはちょっとわからないけれども、犬なら想像が
つくでしょ」
だそうです。ちょっと難しい?

奈良の描く生き物にはそれが動物であっても人間であっても、共通点がある。
その共通点とは、みんなひとりだということだ。」 と言っている人がいます。

たとえ複数いても、皆ひとりに見える・・
それなのに 見ていて寂しくならない・・・むしろ優しい気持ちになれる・・・
不思議な奈良のわんこなのでした。



(u)

0 件のコメント:

アーカイブ