2013年9月4日水曜日

「樋口佳絵」展 始まりました。

9月1日より、「樋口佳絵」展が始まりました。作家ご本人もご主人と一緒に来館されました。



















新作を含めた約30点のテンペラと油彩画、ドローイングと木彫を2階特別展示室にて展示されております。
樋口さんの描かれた多くのこどもたちは、空間の中で静かに佇んでいたり、あるいは泳いでいたり走り回っていたりしているかと思えば、何か訴えかけているかのように私たちをじっと見ているかのような、話しかけられているかのような…一見愛らしい反面、一瞬どきりとしてしまう、不思議な魅力があります。



















テンペラと油彩を使った独特な技法で、作品に繊細で柔らかな質感を作り出しています。目を凝らしてよく見てみると、男の子の歯の矯正が見えたり、小さな蟻が描かれたりなど、作家のこだわりを感じることができます。よく見れば、見るほど小さな発見がある展示になっています。

絵画だけでなく、木彫とインスタレーションを含んだ見ごたえのある空間となっておりますので、どうぞ足をお運びください。









0 件のコメント:

アーカイブ