2014年9月3日水曜日

2F企画展 落田謙一 FLOAT LINE

軽井沢の朝晩は肌寒くなり、秋の気配が感じられます。
ご好評をいただきました山内龍雄展は831日で終了し、
F企画展示室では、9月1日から落田謙一FLOAT LINEが開催中です。


















落田謙一はグラフィックデザイナー、イラストレーター、本の装丁等を経て、
1974年頃より抽象的な油絵を描き始めました。

展示作品“FLOAT LINE”には、「70年代の終わり、住んでいた三浦半島の
太陽の光、海の中での浮遊感、海上を疾走する感覚を作品に投影しました。」
と自身が語る通り、様々な形と色彩の浮遊のつらなりを見ることができます。

企画展の前日は、スタッフの展示作業に落田さんも加わり、終止にこやかに作業を
進めてくださいました。


















また、「緑に囲まれた樹木の多い自然の中に身をおくのが好き」とおっしゃる
落田さんは、軽井沢の雰囲気も大好きだそうです。

海を感じさせる透明感のある色彩や、木々の間から差し込む光を感じることができる
作品などは、観るものを心地よくしてくれます。
秋の鑑賞のひとつに、落田謙一展にぜひお出かけください。



















落田謙一 FLOATLINE は11月30日まで開催

0 件のコメント:

アーカイブ