2018年5月18日金曜日

今年も開館いたしました!


軽井沢現代美術館は426日にオープンいたしました。
GW中はたくさんのお客様にご来館いただき、有難うございました!

今年の1階常設展示室は「海を渡った画家たち -時の共演-」と題し
戦後美術を牽引した画家たちと現代を生きる若手とのコラボレーションが
お楽しみいただけます。






 



1階小展示室では、人気の現代美術家・名和晃平の立体作品を公開。


1階常設展示室の特集展示にて「荒川修作 -超絶次元!-」も同時開催中です。


絵画や建築、哲学や文筆にいたる幅広い分野において独自の世界観を元に才能を開花させた荒川修作。
今回は60年代から70年代にかけて制作された油彩・水彩などの平面作品を中心に、80年代の迫力ある大判版画や荒川修作を特集した美術雑誌「デリエール・ル・ミロワール」等をご紹介いたします。


2階ギャラリーの一角では浜口陽三と南桂子の二人展を開催。
ギャラリーでは気に入った南桂子の作品をその場でお買い求めいただけます。
ご自宅や別荘をアートで華やかに彩られてはいかがでしょうか。





別の壁面では、フランス・ムルロー工房刷りのリトグラフポスターを展示中です!
中には今から60年以上前に制作されたヴィンテージポスターもございます。


昨年中原悌二郎賞を受賞した注目の彫刻家・青木野枝の立体と版画作品。


賑やかだったGWも過ぎ、一層清々しい陽気に包まれる初夏の軽井沢。
当館は木立に囲まれた静かな環境ですので充実した時間をお過ごしいただけます。
美味しいお茶とお菓子とともに皆様のご来館を心よりお待ちしております。




0 件のコメント:

アーカイブ