2018年11月22日木曜日

2018年冬期休館のお知らせ

こんにちは、軽井沢現代美術館です。
朝晩には気温が氷点下になる日も増え、凛とした空気に背筋が伸びるような毎日です。
浅間山は10月に初冠雪が確認されましたが、ふもとにも冬が近づいてきているのを感じます。


さて、軽井沢現代美術館は11月25日(日)が2018年の最終開館日です。
本年も多くの皆さまに支えられ、この日を迎えることができました。スタッフ一同感謝いたします。


1階常設展示室では「海を渡った画家たち―時の共演―」と題して、過去から現在に至るまで世界で活躍し続けるアーティストたちの画業を追ってまいりました。


白髪一雄のダイナミックな作品に驚く方、荒川修作の作品の前で思考にふける方、ロッカクアヤコの作品に笑顔になる方…そこには様々な出会いがありました。


1階小展示室では現代美術家・名和晃平のペインティングやオブジェを展示。
大変人気のスポットでした。


2階企画展示室では「草間彌生―近作版画を中心に―」の展示を行いました。


様々な色彩をみせる富士山など、90歳を目前とする草間彌生のいまだに果てない探求心とエネルギーを感じさせる展示となりました。

また会期中の受付時にお客様から寄せられる期待の声が最も大きかったのも印象的でした。作家の衰えぬ活動によるものだと実感しています。



また2階ギャラリーでは「南桂子と浜口陽三 2人展」を始めとし、奈良美智や村上隆、青木野枝、ビュッフェ…と様々な作家の作品をご覧いただきました。


2018年はイベントも開催いたしました。


8月17日と18日に行われた「蟹江杏 公開制作―版画ができるまで―」では、版画作家の蟹江杏さんが版画を作る過程を間近でご覧いただけ、さらに杏さんとの対話をしながら、自分だけの作品をオーダーすることのできる、ファンにはたまらないイベントでした。


杏さんの温かいお人柄も相まって、イベントは終始和やかなムードで進み、ご参加くださったお客様にも満足していただけたのではないでしょうか。

8月19日の「癒しのコンサート―ギターデュオEL・PASOとフルート―」では、秋田を中心に活躍されているギターデュオEL・PASOのお2人とフルート奏者の湊様をお迎えして、展示室内で素晴らしい演奏をしていただきました。


有名な「アヴェ・マリア」(カッチーニ)から御代田町を題材にした「MI・YO・TA」(武満徹)、「涙そうそう」(森山良子)など、お客様を飽きさせないバリエーションに富んだ内容でした。


椅子にかけて演奏をじっくり聴く方、演奏を背景に作品をご覧になる方、サービスのドリンクを召し上がりながら時間をゆったり過ごされる方など、美術館での楽しみ方の幅が広がったイベントでもありました。

最後に軽井沢現代美術館のラウンジでは、お客様に自由に描いていただけるスケッチブックをご用意しております。


嬉しいお言葉や素敵なイラストで埋められたスケッチブックは今年だけでも20冊以上になりました。この中から十数点を美術館で展示しています。来年はご自身のイラストが展示されているかもしれません。


4月の終わりから11月の下旬までの期間ではありますが、その中でも多くの出会いがありましたことを非常に幸いなことと感じています。
軽井沢現代美術館にご来館くださった皆様、そしてご助力くださった皆様、誠にありがとうございました。

2019年は4月下旬の開館を予定しておりますが、日程の詳細は公式ホームページでお知らせいたします。


雪が溶け、緑の芽吹く季節にお会いできることをお待ちしております。
ぜひ今後の軽井沢現代美術館にご期待ください。

0 件のコメント:

アーカイブ